申請書の書き方で採否は変わります

このサイトは、応募経験が浅い若手研究者・なかなか採択されない方を対象として、科研費をはじめ、学振や海外学振・新学術領域などの申請書の書き方のコツを解説します。ちょっとしたコツを学ぶことで、採択の可能性は大きく上昇します。

告知 今年の夏ごろ(学振後、科研費前)に書籍版の科研費.comが出版される予定です。ほとんどが新しい内容ですので、ぜひご一読いただければと思います。これに伴い、Web版のコンテンツ整理と2019年4月1日以降の添削代金の料金改定を予定しています。ご了承ください。