研究計画は2つ・3つ位が適当

スポンサーリンク

研究計画が1つだけだと、その実験が失敗する可能性や研究全体のボリュームという点で問題となります。逆に4つや5つ以上となると、全てを同じように進められるかや、計画間の関連性について問題がでてきます。

 

研究計画は2つか3つくらいが適当で、挑戦的な実験と手堅い実験をバランスよく含むようにします。

15-4 

研究計画が2つの場合

研究計画1:研究の核となる研究

研究計画2:計画1で得られる証拠を補強するための、別の原理に基づく計画

 

研究計画が3つの場合

研究計画1:魅力的だが、挑戦的な研究

研究計画2:比較的手堅い研究

研究計画3:研究計画1と2の結果を合わせることで可能となる発展的な研究

 

もしくは

 

研究計画1:比較的手堅い研究

研究計画2:計画1の結果を用いた魅力的だが挑戦的な研究

研究計画3:計画1の結果を用いた比較的手堅い研究

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
上位の「研究計画」へ戻る
買い忘れはございませんか?

フォローする