申請書の心得3「おもしろく」

スポンサーリンク

いくら読みやすい申請書でも、科学的におもしろくない研究テーマでは評価は低いものになってしまいます。審査員の知的好奇心を刺激できるかどうかは、あなたの研究が将来、広く世の中の人に受け入れられるかどうかの試金石です。

(1)「おもしろい」≒「世界に影響を与える」

おもしろい申請書は、重要性や問題点・インパクトがはっきりしており、それだけで読み物として成り立ちます。おもしろい申請書とは良い研究テーマを扱ったものです。そして良い研究テーマとは、問題の重要性とそれを解決するための鮮やかな方法を兼ね備えたものです。

「XXXについては研究がされていたけど、YYYについてはまだやられていなかったから、やる」などは、面白くない研究テーマの代表例です。

(2)勝負は研究テーマ選びですでに決まっている?

どんなに凄腕の料理人が腕をふるい、国宝級の器に盛られたしても、食材が良くなければ台無しです。もちろん、下手な料理人によって調理されたせいで、食材が台無しというパターンもありますが、良い料理にするためには良い食材を調達することが必要があることは間違いありません。これは研究でも同じで、良い研究にするためには良い研究テーマが必須です。申請書を書き始める前に自分の研究テーマについて見直し、本当にこの方向性で書いて良いのか今一度考えてみましょう。

(3)研究テーマを活かすも殺すも、切り口しだい

とはいえ、実際には、すでに研究が始まっているとか、研究テーマは自分で選べず変えられないなどの事情がありますので、根本的な見直しが難しい場合がほとんどです。そうした場合でも、研究テーマの位置づけを見直すだけで評価を大きく変えることができます。

例えば、一般家庭から見るとあなたのネジの研究はつまらないかもしれませんが、NASAにとってみれば喉から手が出るほど欲しい技術かもしれません。「研究の背景」や「今後の研究計画」や「解決のためのアイデア」を適切に書くことで、研究テーマは大きく生まれ変わります。

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
上位の「申請書を書く際の心得」へ
買い忘れはございませんか?

フォローする