何をどこまで明らかにしようとするのか

スポンサーリンク

ここでは、解決を目指す問題のうち、何について・どうやって・どこまで明らかにするかを具体的に示します。研究期間は決まっていますし、個人型研究ですので、全ての問題を同時には解決することはできません。

 

研究期間内でやること(≠できること)を明確にします。この項目は書くスペースによって長くも短くも成り得ます。いずれの場合でもダラダラ書くのではなく、目的を明快に示すことで、何をどこまで明らかにするかを審査員がわかるようにすることが重要です。

 

具体的な方法について詳しく書きすぎると、「研究計画」の内容と被ってしまうので、注意します。以下、短いバージョンと長いバージョンです。

本研究では、新しい原理によるChIP解析法を確立することで、Hoge1の転写標的を網羅的に明らかにすることを目的とする。

本研究では以下の三点を通じて、Hoge1の転写標的を明らかにすることを目的とする。具体的には研究期間内に以下の3点を明らかにする。

(1)高感度質量分析とDNAバーコーディングを組み合わせたXXX法の確立

(2)XXX法を用いた高感度ChIP解析によるHoge1の転写標的の同定

(3)病態を考慮にいれた、新たなHoge1によるホゲホゲ病発症モデルの提唱

まとめ

1.何を、どうやって、どこまで明らかにしようとするのかを明確に示す

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
上位の「研究の背景・目的」へ戻る
買い忘れはございませんか?

フォローする