言い切る

スポンサーリンク

言い過ぎを避けようとするあまり、表現を弱めた文章は当然主張が弱くなります。また、場合によっては、申請者がやった(発見・発明・考えた)という事実をアピールできません。

言い切ることは、説得力をもたせる効果だけでなく、文章を短くし主張をわかりやすくするという効果も期待できます。

☓「本研究から、ほとんんどのカラスは黒いことが示唆された。」

☓「本研究から、ほとんんどのカラスは黒いと考えられる。」

○「本研究から、カラスは黒いことが明らかとなった。」

○「本研究から、カラスは黒いことが示された。」

データが足りず推定にとどまっている場合は示唆されたで構いませんが、ある程度のデータが揃っており客観的に見ても主張に無理がない場合は「明らかにした」「示した」と言い切る方が説得力があります。

△「以上のことから、AAAはBBBによって制御されることが示された。」

○「以上のことから、BBBがAAAを制御することを示した。」

○「以上のことから、申請者はBBBがAAAを制御することを示した。」

また、受動態の文章は回りくどく、主張が弱くなりがちです。能動態にして言い切る方がわかりやすさという点では優れています。また、「誰が」という情報を加えることもアピールという点では良いかもしれません。人によってはくどいと感じるかもしれませんが、日本人の文章は控えめであることが多いので、その中では目立つと思います。

英語論文でも通常は受動態で書きますが、NatureやScienceクラスになると意識的に能動態の割合を増やします。こうすることで、「私(たち)が」やったということをアピールしています。

☓「また、XXXではYYYがZZZされることが確認され(知られ・報告され)ている。」

○「また、XXXではYYYがZZZされる。」

同様に一般的な事実についても言い切らないために、回りくどい文章になっている場合があります。この場合だと、次に何か否定の言葉が来るのではないと構えて読んでしまいます。つまり、

「また、XXXではYYYがZZZされることが確認されている。しかし、申請者らの実験からは、YYYはむしろAAAされることを明らかにした。」

このような場合は前半部分は一般的事実ではないと書き手であるあなたは思っているわけですから、このように「(誰か他人によって)確認されている。」という書き方はしっくりきます。

実際にあった良くない表現集

「この方法では、AAAをBBBにすることができる。」→「この方法は、AAAをBBBにする。」

「〜はAAAであるといえる。」→「〜はAAAである。」

「私たちの仮説が概ね正しいことが示唆された。」→「申請者の仮説の正しさが示された。」

「〜の関与が示唆され始めている。」→「〜の関与が示唆され(てい)る。」

「〜の研究はそれほどなされていない。」→「〜の研究は、ほんとんどなさ(行われ)れてこなかった。」

余談

「〜はほとんど」や「〜はほぼ」のように字形が似たひらがなが続くところは日本語の文章において鬼門の一つです。本質的に解決する方法はなく、読点をいれて「〜は、ほとんど」とするか、「〜は全く」のように言い換えるか、語順を変えるしかありません。

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
  上位の「文章表現を工夫して印象的に」へ戻る
買い忘れはございませんか?

フォローする