Tommy

NO IMAGE 具体例

(2)本研究の目的および学術的独自性と創造性

指摘した問題のうち、本研究ではどの部分を明らかにするのか、またその時の強みや有用性は何かについて説明するための項目です。 指定されている内容 本研究計画調書は「小区分」の審査区分で審査されます。記述に当たっては、「科学研究費助成...
NO IMAGE 具体例

(1)本研究の学術的背景、研究課題の核心をなす学術的「問い」

申請書が分からないという場合、そのほとんどは、「なぜ申請者がその問題を扱いたいのかがわからない」というものです。そうした問題意識や背景を説明するための項目です。 申請書記載事項 本研究計画調書は「小区分」の審査区分で審査されます...
NO IMAGE 未分類

仮説駆動型とデータ駆動型

研究の種類はしばしば仮説駆動型(hypothesis driven)とデータ駆動型(data driven)にわけられることがあります。一般に、仮説駆動型とは「ある仮説を事前に設定し、その仮説検証を行うことで実験を進める手法」であり、データ...
NO IMAGE 書く前に

エフォートは後で減らせる

エフォートは申請時に提出した数字から下げることができます。どういった場合にエフォートを変更することができるのかについて説明します。
NO IMAGE 書く前に

必要なエフォートの目安

エフォートは基本的にはすぐに足りなくなるのでセーブしておきたいのですが、申請する額に対して少なすぎることで「熱意」が疑われても困ります。 必要なエフォートの目安とは、いったいどれくらいなのでしょうか? 通常は10%~30% ...
書く前に

エフォートの基本的な考え方

科研費の申請にはエフォートを書かねばなりません。ここではエフォートとは何か、また、エフォート管理の基本的な考え方を紹介します。
NO IMAGE 見直す

チェックリスト

見直すと言っても何をチェックすれば良いのかわからないという方のためにチェックリストを設けました。あくまでも一例です。 よくある、申請書で書くべき内容に沿っているかをチェックするためのチェックリストについては、横浜市立大版や南山大版のものを...
NO IMAGE 見直す

文章を校閲する

文章を書き上げたあとも、校閲することによって細かなミスを潰していくことはとても重要です。誤字脱字を含め、見直しをしていれば失くせるようなミスが頻発すると、申請書の本気度を疑われてしまいます。 目次 ◆ 申請書を見直す(一般) ◆ ...
NO IMAGE 見直す

申請書を見直す

できあがった申請書を同僚や上司などの親しい第三者に読んでもらうことはとても重要です。また、その分野に馴染みのない人がわかりにくいと感じたところは審査員もそう感じる可能性が高い箇所ですので、家族に読んでもらうのも良い案です。しかし、そうした環...
NO IMAGE 見直す

文章を書いた後に

どんなに上手に文章を書ける人でも、1回で完璧な文章を書けるわけではありません。何度も推敲を重ねてやっと読みやすい文章が完成します。ここでは推敲や校正の具体的な方法やポイントについて説明しています。