Introduction

ここではIntroductionを書くのに重要となる3つの技術について説明します。

Introduction

ここでは、英語論文におけるIntroductionの書き方について、具体例とともに説明しています。

Introduction

ここでは、Introductionを書くにあたって、Introductionの構造を知るところから説明します。Introductionでは、周辺分野や過去の研究を含む広い研究分野の一般的な話題から説明を始めます。

見直す

どんなに上手に文章を書ける人でも、1回で完璧な文章を書けるわけではありません。何度も推敲を重ねてやっと読みやすい文章が完成します。ここでは推敲や校正の具体的な方法やポイントについて説明しています。

見直す

ここでは、申請書を推敲する第二段階として、文章表現の推敲について具体例と共に説明しています。

見直す

ここでは申請書の推敲の最初の段階として、申請書の内容を校正・推敲する方法について解説しています。

見直す

ここでは、申請書を推敲する最終段階として、誤字・脱字や文字間などの細かな部分を見直すことの重要性について、具体例と共に説明しています。

印象深く

短い時間の間に審査員が見ているのは内容だけではありません。申請書から知性を感じられない文章はマイナス評価です。ここでは、どのような文章がマズイかについて具体的に説明しています。

リンク

科研費.com以外にも、多くの方が学振や科研費の書き方についてのアドバイスを公開しています。それぞれのアドバイスは驚くほど似ています。

具体例

そこそこ(60点)の学振申請書が書ける、そこそこテンプレート(海外学振)で書くべき項目の解説をしています。