フォントの過剰装飾はお勧めしない

スポンサーリンク

「審査員にアピールするために目立たせるべし」みたいなアドバイスが溢れていますが、やりすぎは読みにくくするだけです。特にフォントの過剰な装飾は、申請書を劇的に読みにくくします。

太字・イタリック・アンダーライン・文字背景・文字色変更など様々な装飾方法がありますが、どうしても必要な場合以外は使うことをお勧めしません。ましてや、これらを2つ以上組み合わせることは絶対に止めましょう。

○「申請書の書き方には、科研費.com」

○「申請書の書き方には、科研費.com

x「申請書の書き方には、科研費.com

学振・科研費どちらの場合にも、太字とアンダーラインを組み合わせる例はしばしば見られますが、これも読みやすさという点でマイナス評価です。強調したいのであれば重めのウェイトを持つゴシック体で十分です。

下の例はヒラギノ明朝W2にヒラギノ角ゴW3を組み合わせた例ですが、明朝体の中に一つ重いウェイトのゴシック体があるだけでも十分に目立つことがわかるかと思います。

016

申請書中に太字を多用する人の理論は「忙しい審査員が太字部分を拾い読みをしても申請内容が理解できるようにする」というものですが、私の経験上、見出しを拾い読みすることはあっても、文中の太字を拾い読みすることはまずありません。これは完全に間違った努力です。書いている本人も読みにくくてしょうがないと思うのですが・・・

フォントの装飾についての注意事項を箇条書きでまとめます。

ポイント

  • フォントの装飾は(あまりお勧めしませんが)ルールを持って行う。強調の目的で太字やアンダーラインを区別なく使うのは避ける。
  • フォントの装飾は1ページでせいぜい2つか3つくらいにする。あちこちを強調すると本当に重要なところがわからなくなる(過ぎたるは及ばざるがごとし)。
  • 太字による強調をするのであれば、重めのウェイトを使うほうがバランスが崩れなくて良い。
  • フォントの装飾を2つ以上組み合わせない。

私は、極稀にアンダーラインを使うくらいで、強調目的でのフォントの装飾は基本的に行いません。ミニマリズムを追求したい人は、重めのウェイトのゴシック体があれば他は不要です。

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
 上位の「フォント」へ戻る
買い忘れはございませんか?

フォローする