学振・海外学振を獲得することの経済的メリット

スポンサーリンク

学振(DC)はメリットだらけですが、学振PD・海外学振はメリットもデメリットもあります。それでも全体的に見ればメリットの方が遥かに大きいのですが。

学振(DC)

メリットはいっぱいありますが、本質的なデメリットは特にありません。なれるなら、なった方が良いです。副業の方が稼ぎが良い医師の場合は知りません。

メリット

・ 給与(20万/月)が2年〜3年にわたって貰える。(+240万/年)

・ 授業料免除を申請すれば半額免除は通る。(+25万/年)

・ 研究費でパソコン等を買えるので、自費で買う必要がなくなる。(+10万/年)

・ 3割控除 + 勤労学生控除(学振1年目)でますますお得。

・ 学振経験者が優遇される他の助成金もあり。

・ 履歴書にかけるので、後々にも有利。

デメリット

・ 親の扶養控除から外れるので、独立生計になる。

・ 国民健康保険に加入する必要が出てくる。

・ DC1で採択されてしまうと、その後、油断したり驕ったりする人が稀にいる。

申請書作成に100時間かけた時の時給換算

貰える金額が一番少ないDC2(PD切り替えなし)でも、500万以上の収入です。100時間かけたとしても、時給5万円。期待値計算しても5万 x 30% = 時給1万5千円

こんなバイトなかなか無いです。これに社会的ステータスも付与されるので、書かない手はないでしょう。さらに+100時間しても時給換算で十分に高いです。

申請書を書くのに+100時間できたら、かなり完成度の高い申請書になるはずで、採択可能性も大きくあがることでしょう。頑張ってください。私が学振を書いた時も、これを計算してモチベーションを維持していました。

学振(PD)

正直なところ、学振PDに関しては金銭的な面でのメリットは薄いです。しかし、その後につながりやすいという意味で、学振PDには価値があります。

メリット

・ そこそこの給与を貰える(36万/月) (CRESTなどで雇われるよりかは安い(ボスの裁量次第)が、もっと安い給与のポスドク・ポジションもあるので、恵まれている方ではある)

・ 自分の研究を遂行できるので独自性を発揮でき、研究者の顔が見えやすい(プロジェクトに組み込まれてしまうと、下手すると成果はボスに持ってかれる)

・ パソコン等は自費で買わずに済む。

・ 何だかんだいって学振PDは評価されるので、その後に有利になる。

デメリット

・ 科研費のエフォートの60%以上が持っていかれる(昔は応募できなかったことを考えると十分に改善していますが)

・ プロジェクトで雇われるポスドクだと交通費や保険が出るのに、学振PDはでない。

申請書作成に100時間かけた時の時給換算

3年で1300万以上の収入です。100時間かけたとしても、時給13万円。期待値計算しても13万 x 10.8% = 時給1万4千円。ほぼ学振と同じです。

こんなバイトなかなか無いです。これに社会的ステータスも付与されるので、書かない手はないでしょう。さらに+100時間しても時給換算で十分に高いです。

ただ、ポスドクになること自体は選ばなければほとんどの人がなれる(少なくとも最初の1回は)ので、本来であれば学振以外のPDの給与平均との差分をもとにメリットを論じるべきでしょうが、そうするとほとんどメリットはないという結論になるでしょう。

海外学振

メリット

・ 研究費と給与が一括支給なので、実質的な給与が40万を超える(アメリカ等の場合)

・ 滞在先で保険をカバーしてくれる場合が多いので給与の目減りがない

・ 評価されるにもかかわらず、応募者数が少なく採択率が高い

デメリット

・ 為替レートによっては大きく目減りする

・ 2年しかないので、PD期間中に海外学振が切れるケースが多く、その場合は現地雇用になる(不安定)

・ 海外ではPDを長く続けられてしまうので、帰国のタイミングが難しい。(海外学振に限らず、ですが)

申請書作成に100時間かけた時の時給換算

2年で1000万程度の収入ですので、時給10万円です。しかも採択率が25.9%と高いので、期待値計算すると、2.6万円とかなり高い額になります。

海外に行くと、いろいろチャンスが増えますし、人付き合いやラボ運営などで学ぶ点は多いはずです。余談ですが、海外にいったら同僚や指導教官にグラントの申請書を貰ってコレクションしておくと良いでしょう。英語で書かれた長大な申請書のコレクションは後で必ず役立ちます。

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
上位の「経済的メリット」へ
買い忘れはございませんか?

フォローする