学振・海外学振の書き方

ここでは学振申請書の具体例を示します。研究計画などの内容については岡野真人様(DC2)の申請書を私が書きなおしたもの、私が勝手に考えた想像上のHoge1遺伝子の話(PD)が中心です。岡野様の申請書に関しては、すでに採択されていますので公開されている版で十分なのですが、私ならこう書くということで参考になればと思います。

 

生物学のしかも偏った分野なので、内容については保証できません。参考になると思う部分だけを参考にしてください。

 

そこそこテンプレートに移行しました。現在あるものは残しておきます。

 

学振(DC)の場合 (元ネタ 岡野様)

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 現在までの研究状況

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] これからの研究計画 – 研究の背景

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] これからの研究計画 – 研究目的・内容

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] これからの研究計画 – 研究の特色・独創的な点 

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] これからの研究計画 – 年次計画

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] これからの研究計画 – 人権の保護及び法令等の遵守への対応

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 研究業績

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 自己評価

 

学振(PD)の場合

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 現在までの研究状況

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] これからの研究計画 – 研究の背景

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] これからの研究計画 – 人権の保護及び法令等の遵守への対応

 

海外学振の場合(ここに無い項目は学振(PD)と同じ)

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 派遣先における研究計画 – 研究の特色・独創的な点

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 派遣先における研究計画 – 外国で研究することの意義

上位の「具体例」へ戻る

スポンサーリンク

具体例

Posted by Tommy