Introductionの作文技術│受動態・能動態

スポンサーリンク

論文でWeを使うかどうかは悩ましい問題です。Introductionでは、あなたの研究グループがすることや示すことについてはWeをつかって構いませんが、全体を指す時(私たちは一般に・・・など)にはweは使えません。そうした場合には、通常、We know/think that…より、It is known/thought that…の方が使われます。また、Introduction以外の結果や考察部分ではweを使う代わりに受動態を使うことの方が一般的です(was measured, was added etc.)。

ただし、受動態で書く場合の問題点は、誰がそれを行ったのかが読者にとって明確ではないという点です。そのため、Introductionでは、しばしば、x is presentedとせずにthis articleやthe present paperなどの代役主語(dummy subject)を用いて、動作主を明確にします。

This article describes an algorithm for clustering sequences into index classes.

The present paper presents a set of criteria for selecting such a component.

単著の場合(特に卒論・修論・博論などが多いでしょうか)でもIを使うことはお勧めできず、受動態で書くほうが良いでしょう。どうしても能動態で書きたい場合は単著であってもweを使うことの方が一般的です(少なくとも私の分野では)。

また、Natureなどのトップジャーナルでは意識的に能動態を用いることがあります。これは、この発見が「私たちが」なしたものであることを強調するためです。

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
上位の「Introductionの作文技術」へ戻る
買い忘れはございませんか?

フォローする