Introduction│これまでの研究の問題点

スポンサーリンク

文7:具体的な研究分野への導入(問題提起)

However, although the effect of the rubber particles on the mechanical properties of copolymer systems was demonstrated over two years ago,8little attention has been paid to the selection of an appropriate rubber component. 

ここでは、この論文の目的と扱う具体的な問題を説明します。そして、何かを研究するということはそこに重要だが未解決の問題があるということです(重要でなければやる意味はないし、未解決でなければ論文にならない)。あなたは、それをここで明確にする必要があります。

これまでの研究の問題点を指摘しながら、そこに未解決問題があることを示します。HoweverやAlthoughなどのつなぎの言葉を入れながら説明するのが常套手段です。研究論文では、疑問文の形で問題提起をすることは稀で、通常は予想や仮説を示すことで問題提起をします。

これまでの研究の問題点を指摘することをためらわないでください。どんな研究にも足りない部分はあります。お互いに批判的な目で論文を評価し、より良い物を示すという形で科学は進歩します。こうした指摘は個人攻撃ではあってはなりません、あくまでも研究者に対する批判ではなく結果およびその解釈に対する批判であるべきです。ですので、攻撃的な言葉づかいは避け、より丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
上位の「Introductionの構想」へ戻る
買い忘れはございませんか?

フォローする