Introductionの作文技術│文をつなぐ

スポンサーリンク

よくあるまずい英文の例として、ある文から次の文へのつながりが明確でないというものがあります。ある文が終わったあと、次にどのような内容の文が来るのか読書はわかりません。結果として、ピリオドと次の文章の頭文字との間のスペースは小さな崖となって、書き手および読み手の両方に立ちはだかります。

ある文を書き終えたあと、あなたは10分の休憩を取ったかもしれませんし、その日の作業を中断したかもしれません。その間にあなたが考えたアイデアや論の展開について説明すること無く、続きの文を書き始めてしまうと文と文のつながりにギャップが生じてしまいます。

そのため、読者のためにこうしたギャップを埋めて文と文のつながりを理解しやすくすることは、著者としてのあなたの重要な仕事です。もちろん、こうした文のつながりをわかりやすくすることは、あなたにとっても文章が論理的になるというメリットがあります。

文と文をつなぐ方法1 言葉を重ねる

すなわち前の文の一部を繰り返すことです。

The pattern of inflammation during an asthma attack is different from that seen in stable asthma. In stable asthma the total number of inflammatory cells does not increase.

One way to toughen polymers is to incorporate a layer of rubber particles. As a result, there has been extensive research regarding the rubber modification of PLA.

文と文をつなぐ方法2 代名詞や代用形を用いる

別の方法として、代名詞(it, they)や代用形(this method, these systems)を用いて文をつなぐことも可能です。

Many researchers have suggested ways of reducing cost without affecting the quality of the image. These methods rely on data structures built during a preprocessing step.

On the basis of these criteria it then describes the preparation of a set of polymer blends using PLA and a hydrocarbon rubber (PI). This combination of two mechanistically distinct polymerisations formed a novel copolymer in which the incorporation of PI significantly increased flexibility.

文と文をつなぐ方法3 セミコロンや関係詞節で文をつなぐ

3つ目の方法は文を終えるのではなく、セミコロンや関係詞節で文をつなぐ方法です。セミコロンでつなぐ方法は、2つの文章が互いに深く関係しており、2つ目の文が短い場合に特に有効に働きます。

The procedure for testing whether components are operationally safe usually takes many hours; this means that tests are rarely repeated.

It has received much attention over the past few decades due to its biodegradable properties, which offer important economic benefits.

文と文をつなぐ方法4 つなぎの言葉を用いる

4つめの方法は、ある文と次の文、もしくはある部分と次の部分の間の関係を示すための、「つなぎの言葉」を使うことです。文を読む際に、thereforeやhoweverといった語があれば、たとえ全ての単語の意味がわからなくても、文と文の関係は正確に推定できます。これは、「つなぎの言葉」自体に文の情報が含まれているからです。その意味で逆もまた成り立ちます。著者が「つなぎの言葉」を明確にしないと、たとえ文法や用語が適切であっても、読者は文のつながりがちゃんと理解できません。

原因を示すつなぎの言葉

The experiment was unsuccessful ________ the measuring instruments were inaccurate.


The experiment was unsuccessful ________ the inaccuracy of the measuring instruments.

ここには以下の様な言葉が入ります。

due to (the fact that) as
on account of (the fact that) because
in view of (the fact that) since

注意1) ’since’を使うときには注意が必要です。「〜以来」という意味でよく用いられているので、他に選択肢がある場合は、別の語を使うほうが無難です。

注意2) これらの語は’because’も含めて文頭で使用可能です。(例, “Because the measuring instruments were inaccurate, the experiment was unsuccessful”)

結果を示すつなぎの言葉

The measuring instruments were calibrated accurately, ________ the experiment was successful.

ここには以下の様な言葉が入ります。

Therefore As a result (of which)
Consequently Which is why
Hence So

注意1) 文をsoで初めてはいけません。口語的であり、論文には相応しくありません。

注意2) thenも次のような例では使用可能です’If x then y’。ただし、全ての文で使うことはできませんので、リストには加えていません。

対比/違いを示すつなぎの言葉

British students are all vegetarians, __________ Norwegian students eat meat every day.

ここには以下の様な言葉が入ります。

However On the other hand
Whereas While
But By contrast

注意1) on the contraryおよびconverselyはこのカテゴリーには含まれません。これらは違いについて言及するだけでなく、「真逆である」という意味合いが含まれてしまいます。上の例ではベジタリアンと肉を食べることは、逆の意味ではなく単なる違いですので、これらを使うのは不適当です。以下の様な文であれば使えます。”ome experiments used uncalibrated instruments and succeeded; conversely, other experiments used carefully calibrated instruments and failed.”

注意2) whileを使うときは注意が必要です。これは「の時に」のような意味として主に使われますので、他の選択肢がある時には使わないほうが良いでしょう。

予想外を示すつなぎの言葉

(a) _______ it was difficult, a solution was eventually found.

(b) _______ the difficulty, a solution was eventually found.

(c) It was difficult; ________ a solution was eventually found. 


ここには以下の様な言葉が入ります。

(a) Although (b) Despite (c) nevertheless
(a) Even though (b) In spite of (c) however
(a) Though (b) Regardless of (c) yet
  (b) Notwithstanding (c) nonetheless
    (c) even so

注意1) stillやanywayも同じような意味ですが、口語的であり論文には不向きです。

付け加えを示すつなぎの言葉

We used a batch processing system because it was more effective; ___________ it was faster.

ここには以下の様な言葉が入ります。

In addition Also
Moreover Secondly (etc.)
Furthermore In the second place (etc.)
Apart from that/which What is more

注意1) besidesもだいたい同じ意味ですが、かなり強い意味になりますので、(誰か・何かを)説得するような文脈での使用をおすすめします。

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
上位の「Introductionの作文技術」へ戻る
買い忘れはございませんか?

フォローする