Introductionの構造

スポンサーリンク

ここでは、Introductionを書くにあたって、Introductionの構造を知るところから説明します。MethodsやResultsで説明するあなたの具体的な研究を理解してもらうために、Introductionでは、周辺分野や過去の研究を含む広い研究分野の一般的な話題から説明を始めます。この辺は申請書の書き方と全く同じですね。

 

 Introductionを書くためには、まず知らなければならないこと

以下の3点について知る必要があります。

  • 通常の論文ではIntroductionはどのように書き始められているのか
  • Introductionに含まれるべき情報はどんなもので、それはどのような順番で登場しているか
  • 通常の論文ではIntroductionはどのように終わっているのか

Introductionを含む論文全体の構造

paper-structure

上の図を見て気づくことは、対称であることです。これは、Introductionにおいては、DiscussionやConclusionで行われることを逆の順番で行う必要があるからです。例えば、Introductionでは一般的な話題から自分の研究領域へと導く必要があり、Discussion/ Conclusionでは自分の研究領域から一般的な話題へと拡張して議論することになります。そのため、Introductionの終わりとDiscussion/Conclusionの始めが論文の中心的な部分(MethodsとResults)と同じ大きさで接続しているのです。

 

これについてもう少し詳しく見てみます。この図はMethods/Resultsがくびれた砂時計のような形をしています。このことはIntroduction(とDiscussion/Conclusion)において情報を並べる順番を示しています。Introductionは一般的な話題から書き始め、段々と対象を絞っていきます。

 

Introductionの具体例

以下のIntroductionを読んでください。専門分野ではない内容だと思いますし、いくつかの単語はよくわからないかもしれませんが、Introduction全体の感じを掴んでもらえれば十分です。

 

The synthesis of flexible polymer blends from polylactide and rubber

Introduction

1 Polylactide (PLA) has received much attention in recent years due to its biodegradable properties, which offer important economic benefits. 2 PLA is a polymer obtained from corn and is produced by the polymerisation of lactide. 3 It has many possible uses in the biomedical field1and has also been investigated as a potential engineering material.2,3 4 However, it has been found to be too weak under impact to be used commercially.4

5 One way to toughen polymers is to incorporate a layer of rubber particles5and there has been extensive research regarding the rubber modification of PLA. 6 For example, Penney et al. showed that PLA composites could be prepared using blending techniques6and more recently, Hillier established the toughness of such composites.77 However, although the effect of the rubber particles on the mechanical properties of copolymer systems was demonstrated over two years ago,8little attention has been paid to the selection of an appropriate rubber component.

8 The present paper presents a set of criteria for selecting such a component. 9 On the basis of these criteria it then describes the preparation of a set of polymer blends using PLA and a hydrocarbon rubber (PI). 10 This combination of two mechanistically distinct polymerisations formed a novel copolymer in which the incorporation of PI significantly increased flexibility.

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
上位の「Introductionの書き方」へ戻る
買い忘れはございませんか?

フォローする