科研費の採択率と傾向

スポンサーリンク

データが利用できる2004年以降の科研費の基盤A・基盤B・基盤C・若手A・若手B・挑戦的萌芽の採択率および応募数・平均配分額を示します。

採択率

採択率は基本的に安定しており、このところは基盤Cと若手Bに関しては30%、その他に関しては22-23%程度で落ち着いています。挑戦的萌芽に至っては、かつての約2倍となっています。

採択率ありきの運用のようですので、状況が大きく変わらない限りこの傾向は続くと思われます。

応募者数

応募者数に関しては基盤C、挑戦的萌芽が増加傾向で若手Bが減少傾向です。これは若手の回数制限が影響しているのかもしれません。一方で、基盤A・基盤B・若手Aは応募者数がほとんど変化していません。

挑戦的萌芽の採択率の大幅増にも関わらず、応募者数に変化が無いため、挑戦的萌芽に関しては狙い目だと言えそうです。他の申請とも組み合わせやすいですし、業績も特に求められないので、なかなか使い勝手がよいものとなっています。

ただし、平成28年度から科研費の制度変更があり、挑戦的萌芽が拡充されるため、この傾向がどうなるのかはわかりません。さらに魅力が増したので、もう少し競争が激しくなると予想しています。

ますます、申請書の書き方の重要性が高まってきている

ただ、気になるのが平均配分額です。応募者数はやや増加、採択率は基本的に変化が無いのに対して、平均配分額はきれいな右肩下がりです。これは、科研費に関しては「選択と集中」ではなく「薄く広く」だということでしょう。

基盤Cの平均配分額が130万程度であることを考えると、少しくらい無理をしても基盤B(496万)+挑戦的萌芽(142万)の方が期待値は良いですね。現状では基盤Cに積極的に応募するメリットは感じられません。ただし、2018年度からは挑戦的萌芽が変わりますので、この形態での応募はもうできなくなると予想されます。挑戦的萌芽の重複制限がどのようになるかが注目されます。

今後は、一つの科研費で研究費の全てを賄うというよりは、いろいろ応募して細かい研究費を積み上げるスタイルになるかと思われます。そういった意味でも、申請書をしっかり書くことで打率を上げていくことが、安定した研究基盤の構築に重要になってきます。応募書類を書く回数は増えそうなので、あまり時間を掛けずとも良い物が書けるようにトレーニングが必要です。

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
上位の「制度を知る」へ
買い忘れはございませんか?

フォローする