科研費の申請書から罫線(枠線?)が無くなります

スポンサーリンク

河野太郎議員が科研費の申請書改革に取り組むようです。

事務的な理由も大きいみたいですが、これにより、ますます申請書の自由度は高まると予想されます。すなわち、よりわかりやすく読みやすい申請書である必要があります。

科研費.comでは来年度の申請に向けて、このフリーフォーマット(?)での申請書の書き方を充実させていく予定です。

また、他にも以下のような要望についても検討中のようです。

科研費及び競争的資金に関する改善について

競争的資金に関しては、省庁横断的にルールの統一済み。もし、ルールの統一漏れがあれば内閣府ホームページの「競争的資金に係るご意見ご要望窓口」からご連絡ください。

ただし、各大学・研究機関が独自に設定しているローカルルールに関しては、局地戦で勝ち取ってください。

以下、寄せられた主な要望に関して。

予算の繰り越し手続きを簡素化・容易化してほしい。
 既に対応済み。

各競争的資金制度の公募を一元的に把握可能にしてほしい。
 E-Radで対応済み。

研究不正に係る対応について、ガイドライン等の整備状況に係る各省からの調査の重複を排除してほしい。
 既に対応済み。

経理書類のコピーの提出を廃止してほしい。
 科研費については対応済み。その他については調査中。

委託費に於いて、リース以外にも研究機器の購入を可能にしてほしい。
 既に対応済み。

国立試験研究機関に対しても間接経費を措置してほしい。
 既に対応済み。

間接経費を運営費交付金等と合算して使用可能としてほしい。
 既に対応済み。

研究費の合算による研究機器購入を可能にしてほしい。
 消耗品については対応済み。その他は検討中。

会計報告書において、消費税別の記載を廃止してほしい。
 既に対応済み。

研究補助者の雇用期日を年度末まで可能として統一してほしい。
 既に対応済み。

学会に係る費用を支出可能にしてほしい。
 参加費については対応済み。課題に直結する学会で新たに加入する学会に関しては期間中は年会費についても支出可能。

委託費により購入した備品の処分に係る手続きを簡素化してほしい。
 検討中。

採択時の減額査定を廃止してほしい。
 検討中。

審査コメントを応募者にフィードバックしてほしい。
 検討中。

事務職員の雇用について研究費の合算使用を可能にしてほしい。
 検討中。

配分機関と研究分担者が所属する研究機関との契約形態を統一してほしい。
 検討中。

競争的資金以外の研究資金ともルールの統一を進めるべき。
 検討中。

その他のご意見、ご要望は内閣府ホームページの「競争的資金に係るご意見ご要望窓口」からご連絡ください。

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
上位の「制度を知る」へ
買い忘れはございませんか?

フォローする