余白

学振や科研費の申請書はスペースが足りないため、書きたいことを全て書くことはできません。そのため、なるべく多く書こうと余白を減らして文字を詰めてしまう傾向にあります。しかし、内容を減らしてでも適切に余白を取ることは、可読性を高め、審査員から高い評価を得やすくなります。申請書における余白には、行間・文字間・段落間・枠線からの距離など様々な種類があります。

 

目次

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 行間

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 文字間

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 役物の前後は字間調整

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 段落・左右インデント

 上位の「読みやすく」へ戻る

スポンサーリンク