申請書の見た目を工夫して印象的に

人物の第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言われています(メラビアンの法則)。これは申請書にも当てはまります。審査員は、ある申請書が「読みやすそう」「良く書けている」「おもしろそう」と感じるのに、長い時間はかかりません。

 

つまり、良い第一印象を持ってもらうことが、その後の内容の審査に良い影響を与えることにつながるのです。ここでは、申請書の見た目を左右する要素について、解説します。

 

目次

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] わかりやすい図の描き方

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 申請書への図の挿入の仕方

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 揃える

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 余白を埋める

  上位の「印象深く」へ戻る

スポンサーリンク

印象深く

Posted by Tommy