学振や科研費は書き方で決まる

スポンサーリンク

学振・科研費・さきがけ・教員公募などの申請書を書き、研究費や独立した研究環境を獲得すことは、やりたい研究を続けていくためには避けては通れません。

私はこれまで、学術振興会特別研究員(学振)、海外学振、ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)、さきがけ、新学術領域、民間財団、教員公募、海外のアカデミックポジションなどいろいろ申請しました。

そして、気づいたことは、申請書の採否の6割は書き方で決まるということでした。

15-1

 

もちろん、業績が重要であることは間違いありません。ただ、特に学振の場合は、業績が似たり寄ったりであること、書き方の面で改善の余地が大きく伸びしろが相当にあることなどから、書き方の占めるウェイトは相対的に大きくなっています。

スポンサーリンク

Kindle本が毎月1冊無料 & 本 10%ポイント還元
 上位の「申請書を書くことの重要性」へ
買い忘れはございませんか?

フォローする