科研費・学振本『できる研究者の科研費・学振申請書』発売中です!半分以上は新しい内容で、具体的なテクニック満載です。申請書のお供にぜひご一冊どうぞ。

採択された「学振DC2・DC1」の申請書

ROBUST Japan

多くの人にとって最初の申請書作成の機会であるDC2・DC1の採択例です。業績があまり重視されず、書き方ひとつでどうとでもなります。過去の採択例から書き方を学んで、ライバルと差をつけましょう。

学振DC2

 上原 賢祐  様(2018年 知能機械学・機械システム)「ヒト生理学的特徴の定量的評価のための非線形振動子による脳波解析手法の開発」

 麦山 亮太  様(2017年 社会学)「無業経験の長期的影響にみる格差生成プロセスの男女比較研究」

 藤倉 崇晃  様(2015年 理論経済学)「仲介者取引と直接取引の共存状態を生むトレーダーの特性 ―経済実験による検証―」

 森本 裕  様(2014年 財政・公共経済)「航空ネットワークを考慮した空港政策」
pdfファイルがダウンロードされる

 水本 智也  様(2013年 日本語教育)「大規模な言語リソースを用いた自然言語処理による学習支援システムの開発」
連絡をとってパスワードを教えてもらう必要あり

 髙橋 将太  様(2013年 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理(実験))「小型水チェレンコフ検出器の開発及び加速器を使った長期線ニュートリノ振動の精密測定」
推敲過程の途中の版も公開されている

 岡野 真人  様(2008年 電子・電気材料工学)「高品質T型量子細線電流注入レーザーの開発及び一次元レーザー物理の解明」

 小町 守  様(2007年 言語学)「大規模なコーパスを用いた機械学習による名詞句の項構造解析」
顛末記も参考になる http://cl.sd.tmu.ac.jp/~komachi/docs/jsps.html

学振DC1

 水野 博太  様(2016年 思想史)「近代日本におけるシノロジー:総合的中国研究としての「支那学」とその可能性」

 小田 悠介  様(2015年 知能情報学)「同時音声翻訳技術の精度向上」

 宮下 惇嗣  様(2013年 生物系薬学)「カイコO157感染モデルを用いた宿主病原体相互作用の解明と新たな治療戦略の提案」
まさかのYouTube

 落合 陽一  様(2013年 感性情報学・ソフトコンピューティング)「形態可変ディスプレイのインタラクションに関する研究」

 吉田 光男  様(2011年 メディア情報学・データベース)「時空間メタデータ検索をキーワード検索に統合したウェブ検索エンジンの実現」

 長谷川 晴生  様(2009年 思想史)「エルンスト・ユンガーの機械論を通じた「政治の審美化」研究」

 川口 慎介  様(2006年 地球宇宙化学)「海水中硝酸の酸素同位体異常定量法開発と海洋窒素循環系への応用」

 児玉 聡  様(1999年 倫理学)「ベンタムの倫理学=法哲学思想の検討と応用」
計画調書も別ページにある

お買い忘れはございませんか?

上位の「実際の学振・科研費申請書」へ戻る

タイトルとURLをコピーしました