採択された「挑戦的萌芽」の申請書

スポンサーリンク

挑戦的萌芽は科研費のなかでも特徴のある申請書です。業績欄が無い中でどのように振る舞うか(無理やり業績を入れ込むのか、内容で勝負するのか)など、各自の工夫が見られます。

平成28年度から挑戦的萌芽が6年で2000万に拡充されますので、申請書の内容も変更が見込まれます。それでも、チャレンジ性という根本は変わらないと思いますので、書き方の参考になるかと思います。

来年夏に刊行予定の科研費本に最新のものを掲載予定ですので、これまでに公開していたリンクのみ引き続き公開しております。

挑戦的萌芽

◆ 伊藤 鉄也 (2015年 特別支援教育)

◆ 加藤 奈奈子 (2015年 臨床心理学)

◆ 牧川 方昭 (2014年 生体医工学・生体材料学)

◆ 知足 美加子 (2013年 芸術一般)

◆ 大坪 滋 様(2011年 応用経済学)

◆ 渡辺 豊 様(2010年 環境動態解析)

◆ 峯松 信明 様(2009年 情報学)

 上位の「実際の学振・科研費申請書」へ戻る