科研費・学振本『できる研究者の科研費・学振申請書』発売中です!半分以上は新しい内容で、具体的なテクニック満載です。申請書のお供にぜひご一冊どうぞ。

採択された「挑戦的萌芽」の申請書

ROBUST Japan

挑戦的萌芽・挑戦的研究は科研費のなかでも特徴のある申請書です。業績欄が無い中でどのように振る舞うか(無理やり業績を入れ込むのか、内容で勝負するのか)など、各自の工夫が見られます。

挑戦的萌芽

 手嶋 英貴  様(2016年 中国哲学・印度哲学・仏教学)「南インドのヴェーダ儀軌「チャダンガ」の基礎的研究:古代と現代を結ぶ新領域の開拓」
簡略版のみ

 伊藤 鉄也  様(2015年 特別支援教育)「視覚障害者と共に古写本の仮名文字を読み日本古典文化を共有するための挑戦的調査研究」

 加藤 奈奈子  様(2015年 臨床心理学)「長期閉鎖環境下での主観的評価と生理指標にみるストレス予防に関する実証研究」
簡略版のみ

 川口 慎介  様(2015年 環境影響評価)「深海トレーサー散布実験で海底資源開発の影響がおよぶ範囲を評価する」

 牧川 方昭  様(2014年 生体医工学・生体材料学)「歯の噛みしめに着目した嚥下機能の評価方法の検討」

 知足 美加子  様(2013年 芸術一般)「3Dデータ化による修験道造形美術の再現 ― 英彦山磨崖石仏を中心に」

 大坪 滋  様(2011年 応用経済学)「開発と幸福:開発目的の多様化・内生化に関する開拓研究」

 渡辺 豊  様(2010年 環境動態解析)「海洋における二酸化炭素吸収変動量の高確度決定法の開発」

お買い忘れはございませんか?

上位の「実際の学振・科研費申請書」へ戻る

タイトルとURLをコピーしました