告知 今年の7月ごろに書籍版の科研費.comが出版される予定です。ほとんどが新しい内容ですので、ぜひご一読いただければと思います。これに伴い、Web版のコンテンツ整理中です。ますますのパワーアップを目指して、あちこちで工事中です。

採択された「基盤C」の申請書

スポンサーリンク

比較的小型の科研費の採択例です。圧倒的業績を背景にした申請書とは異なり、多くの人が参考にできる部分があると思います。若手の年齢制限・回数制限が厳しくなり基盤Cは少し難しくなってきました。

基盤C

 田中 賢治  様(2004年 土木工学)「積雪期を含めた水・熱・物質循環過程の総合化-琵琶湖プロジェクト第4ステージ-」

 橋本 祥夫  様(2017年 教科教育学)「総合的な学習の副読本作成による地域協働型教材開発と評価・改善に関する実証的研究」
簡略版のみ

 松井 愛奈  様(2017年 子ども学(子ども環境学))「想定外の生まれる保育環境と子どもの遊びの発展-日本とニュージーランドの比較研究」
簡略版のみ

 波田野 節子  様(2016年 文学一般)「日本語創作を通してみた東アジア3国の関連様相 」

 梅屋 潔  様(2015年 文化人類学・民俗学)「「悪」として取り締まられる妖術、「悪」を取り締まる「呪詛」の人類学的研究」
Wordファイルがダウンロードされる

 佐藤 安子  様(2015年 臨床心理学)「対人援助職者としての看護師のストレス制御特徴とそれに適合する対処技法の開発」
簡略版のみ

 児玉 聡  様(2015年 哲学・倫理学)「功利主義と進化論の理論的・思想史的関係についての研究」

 橋本 武久  様(2014年 会計学)「株式会社の発生と本質に関する会計史的研究」
簡略版のみ

 青木 宣明  様(2014年 反応工学・プロセスシステム)「迅速混合に着目した超臨界水熱ナノ粒子連続合成プロセスの設計基盤の確立」

 田中 佐代子  様(2013年 科学教育)「科学者によるビジュアル資料作成のための指針構築」
1ページのみだがデザインに着目したBefore Afterがあり参考になる

 橋本 和也  様(2013年 観光学)「観光まちづくりと地域振興に寄与する人材育成のための観光学理論の構築」
簡略版のみ

 松田 真理子  様(2013年 臨床心理学)「アットリスク精神状態群の未治療期間短縮のための心理的面接法の開発」
簡略版のみ

 大工原 豊  様(2013年 考古学)「石鏃を中心とする押圧剥離系列石器群の石材別広域編年の整備」

 内川 隆志  様(2013年 文化財科学・博物館学)「地域文化遺産の再生に関する総合的研究 – 紀の国屋大蔵の保存と活用 -」

 梅屋 潔  様(2012年 文化人類学・民俗学)「アフリカ妖術研究の理論を検証する―ウガンダの事例にもとづく微視的分析」
Wordファイルがダウンロードされる

 井門 正美  様(2011年 教科教育学)「ゲーミング・シミュレーション「事件報道」の開発-裁判員へのメディアリテラシー-」

 佐藤 安子  様(2011年 臨床心理学)「対人援助職者の心理的特性の解明とそれに適合するストレスマネジメント技法の開発」
簡略版のみ

 手嶋 英貴  様(2011年 印度哲学・仏教学)「王権祭式アシュヴァメーダの総合的研究:儀礼・思想・文学を横断する文化現象の解明」
簡略版のみ

 長野 真弓  様(2011年 子ども学(子ども環境学))「児童における体力ならびに定量化された身体活動量と心理的因子との関連性」
簡略版のみ

 藤田 大誠  様(2010年 宗教学)「帝都東京における神社境内と「公共空間」に関する基礎的研究」

 吉村 夕里  様(2009年 社会福祉学)「社会福祉教育のナレッジデザインへの利用者の参画とコミュニティ形成に関わる研究」
簡略版のみ

 今野 良彦  様(2009年 統計科学)「高次元データを解析するための多変量統計モデルと統計的推測手法の理論研究とその応用」
目的部分のみ

 手嶋 英貴  様(2008年 宗教学)「南インドにおけるブラーマン文化の現在:ケーララ州ブラーマン宗家の事例調査を中心に」
簡略版のみ

 西阪 仰  様(2008年 社会学)「産婦人科医療における相互行為の組織」

 上位の「実際の学振・科研費申請書」へ戻る