科研費・学振本『できる研究者の科研費・学振申請書』発売中です!半分以上は新しい内容で、具体的なテクニック満載です。申請書のお供にぜひご一冊どうぞ。

申請書を書く際の心得(自分に向けて)

ROBUST Japan

私たちがは申請書を書く必要性を理解していますが、山のような仕事もあります。普段の研究活動や授業、会議など申請書を書くことに十分な時間を割くのはなかなか大変です。

つまり、よほど強い意志が無いとどうしても申請書を出さないという逃げになってしまいます。そうならないためには以下の3つが重要です。

「十分に時間をかければ完璧な申請書が書けるはずだ」という幻想を捨てる

申請書に限らず、小説を書くとかゲームを作るとか何か創造的な活動をやったことがある方は経験があると思いますが、完璧を求めると完成しません。

たとえば、ゲーム作りのコツはエンディングから作ることです。スタートボタンを押せば即エンディング。そこから少しずつ作り始めるのです。ゲームシステムやストーリーとかから考え始めるとうまくいきません。完璧を求めるということは不十分な点に目を向けることであり、書き始めの段階ではあちこちで見つかるでしょう。理想を追い求めて、それらにいちいち取り合っていては、時間がいくらあっても足りません。まずは問題だらけでもいいから書き上げてしまうことを第一の目標としてください。途中までどんなに良くても書き終わらず提出できなければ、書いていないのと同じ扱いになってしまいます。初稿は30点くらいの出来栄えかもしれませんが、0点よりはマシです。

十分に余裕を持って始める

申請書を書くのには時間が必要です。どんなに書きなれた人でも、頭をクリアにして思考を再整理する時間が必要です。また、3日で書ける分量だとしても急ぎの用事が入ったりして、十分な時間が確保できない可能性もあります。

締切日を確認するにも書きましたが科研費や学振は2ヶ月ぐらい前からボチボチと意識し始め、1ヶ月前から書き始めれば余裕をもって取り組めるでしょう。

諦めない

他のことで忙しい、十分なデータを取ってから次に賭けた方が良いと判断した……。申請書を書き始めて途中で投げ出す人の言い訳は、笑ってしまうほど一緒です。人は何かから逃げ出す時に全力で言い訳を考え、自分自身を騙し・納得させ・罪悪感を減らそうとします。逃げるためなら、それこそ何でもします。

しかし、申請書を書こう(書かないといけない)と考えたのもあなた自身です。客観的に考えてその当時と逃げ出そうと考えている現在ではほとんど状況は変わっていないはずです。忙しいとかデータが十分でないなどは当初からあった問題であり、変わったのは「思ったよりも面倒だ」というあなた自身の心境です。

ここでも書くならば完璧を目指さないという思いが邪魔をします。時間が無いなら無いなりの出来でも構わないので、まずは逃げ出さないことを決めてください。そして優先順位を下げてでもいいので、提出することを目標に書くようにしましょう。一度書いてしまえば、次回にはもっと上手に書けるでしょうし、もしかしたら今回の申請で採択されるかもしれません。申請のチャンスは有限です。そして申請すること自体にデメリットはほとんどありません。すべてのチャンスを活かし切ることが重要です。

ほとんど同じ内容なのに前回はダメだったのに今回は採択された経験を持つ方も多いでしょう。審査は水ものです。何が評価されるかなんて予想できません。予想できない以上、採択率を上げる(分子を増やす)のではなく、応募数を増やす(分母を増やす)方が得です。書き続ければそのうち、文章がうまくなります。

お買い忘れはございませんか?

 上位の「申請書を書く前に知るべきこと」へ

タイトルとURLをコピーしました