Tommy

基本構造

思い通りに行かない場合の対応

実験は予想通りには行かないことを審査員は知っています。その場合でも、代替案があれば、計画の実現可能性は高いとみなされるでしょう。
基本構造

研究計画は2つ・3つ位が適当

申請書における研究計画は2つか3つくらいが適当で、挑戦的な実験と手堅い実験をバランスよく含むようにします。
基本構造

タイムテーブルを示す

タイムテーブルを入れると審査員が研究計画を理解しやすくなり、実現可能性について正しくアピールすることができるようになります。
読みやすく

読みやすく

いくら申請書の内容が素晴らしくとも、読みにくいものであればその価値は半減です。ここでは、読みやすい申請書を作るためのコツを説明しています。
おもしろく

おもしろく

おもしろい申請書を読むと審査員はそれだけで通したくなってしまいます。申請書の書き方も大切ですが、研究テーマ自体をおもしろくすることは非常に重要です。
印象深く

印象深く

良い研究計画を読みやすい文章で書くだけでは十分ではありません。最後に「インパクト」というスパイスを振りかけることで、申請書は何倍も印象深いものになります。
基本構造

申請書の基本構造

学振・科研費を始めどの申請書においても書くべきことは大抵同じで、基本的には研究の背景・目的、研究計画、研究の特色、文献4項目に集約されます。
基本構造

研究の特色

学振や科研費などの申請書における「研究の特色」には、あなたの研究計画が他と比べて、どれくらい重要か・成功する可能性が高いか・独創的か、などを審査員にアピールします。ここでは、その具体的な書き方を紹介します。