NO IMAGE 書く前に

エフォートは後で減らせる

エフォートは申請時に提出した数字から下げることができます。どういった場合にエフォートを変更することができるのかについて説明します。
NO IMAGE 書く前に

必要なエフォートの目安

エフォートは基本的にはすぐに足りなくなるのでセーブしておきたいのですが、申請する額に対して少なすぎることで「熱意」が疑われても困ります。 必要なエフォートの目安とは、いったいどれくらいなのでしょうか? 通常は10%~30% ...
書く前に

エフォートの基本的な考え方

科研費の申請にはエフォートを書かねばなりません。ここではエフォートとは何か、また、エフォート管理の基本的な考え方を紹介します。
NO IMAGE 書く前に

科研費の申請書から罫線(枠線?)が無くなります

平成30年度申請分から科研費のフォーマットが変更されるようです。
NO IMAGE 書く前に

「科研費審査システム改革2018」の概要

文部科学省から「科研費審査システム改革2018」が公表されました。具体的にどのように審査システムが変わるのかについてまとめます。
書く前に

科研費を獲得することの経済的メリット

科研費に応募し採択されることの、経済的なメリットについて解説しています。
書く前に

民間助成金の経済的メリット

研究者が民間の助成金を獲得することで、どのような経済的メリットがあるのか解説します。
NO IMAGE 書く前に

科学研究費助成事業、前年度+25億円

科研費の平成28年度予算においては、前年度より25億円増の助成額を確保するとともに新たな学問領域の創成や異分野融合につながる挑戦的な研究支援などに取り組むとのことです。
書く前に

経済的メリット

研究者といえども日々の暮らしにはお金が必要です。ここでは研究費を獲得することで得られる経済的メリットについて説明します。
書く前に

学振・海外学振を獲得することの経済的メリット

日本学術振興会・特別研究員(学振)および日本学術振興会・海外特別研究員(海外学振)に応募し採択されることの、経済的なメリットについて解説しています。