科研費・学振本『できる研究者の科研費・学振申請書』発売中です!半分以上は新しい内容で、具体的なテクニック満載です。申請書のお供にぜひご一冊どうぞ。

書く前に

書く前に

申請書を書く際の心得(自分に向けて)

私たちがは申請書を書く必要性を理解していますが、山のような仕事もあります。普段の研究活動や授業、会議など申請書を書くことに十分な時間を割くのはなかなか大変です。 つまり、よほど強い意志が無いとどうしても申請書を出さないという逃げになっ...
書く前に

締切日を確認する

どんなに良くかけた申請書でも締切日を過ぎてしまい審査がなされないのであれば意味がありません。申請書を書くと決めたら、まずは締切日を確認しましょう。 締切日の2ヶ月前 いよいよ手を付け始める時がやってきました。...
書く前に

エフォートは後で減らせる

エフォートは申請時に提出した数字から下げることができます。どういった場合にエフォートを変更することができるのかについて説明します。
書く前に

必要なエフォートの目安

エフォートは基本的にはすぐに足りなくなるのでセーブしておきたいのですが、申請する額に対して少なすぎることで「熱意」が疑われるのも困ります。 必要なエフォートの目安とは、いったいどれくらいなのでしょうか? 通常は10%~30% エフォートの...
書く前に

エフォートの基本的な考え方

科研費の申請にはエフォートを書かねばなりません。ここではエフォートとは何か、また、エフォート管理の基本的な考え方を紹介します。
書く前に

科研費を獲得することの経済的メリット

科研費に応募し採択されることの、経済的なメリットについて解説しています。
書く前に

民間助成金の経済的メリット

研究者が民間の助成金を獲得することで、どのような経済的メリットがあるのか解説します。
書く前に

経済的メリット

研究者といえども日々の暮らしにはお金が必要です。ここでは研究費を獲得することで得られる経済的メリットについて説明します。
書く前に

学振・海外学振を獲得することの経済的メリット

日本学術振興会・特別研究員(学振)および日本学術振興会・海外特別研究員(海外学振)に応募し採択されることの、経済的なメリットについて解説しています。
書く前に

さきがけの経済的メリット

JST「さきがけ」に応募し採択されることの、経済的なメリットについて解説しています。
タイトルとURLをコピーしました