印象深く

言い過ぎを避けようとするあまり、表現を弱めた文章は当然主張が弱くなります。また、場合によっては、申請者がやった(発見・発明・考えた)という事実をアピールできません。言い切ることは、説得力をもたせる効果だけでなく、文章を短くし主張をわか ...

印象深く

短い時間の間に審査員が見ているのは内容だけではありません。申請書から知性を感じられない文章はマイナス評価です。ここでは、どのような文章がマズイかについて具体的に説明しています。

印象深く

「これまでの研究」・「研究の特色」・「研究計画」などでは見出しを付けて、ひとつずつ説明していきます。その時は、3つを基本としましょう。これはマジックナンバー3としてもよく知られています。

印象深く

印象的な申請書に図(イラスト)は欠かせませんが、Wordで申請書へ図を挿入しようとしたら、思い通りにならなくてイライラした経験がある方も多いのではないでしょうか。ここでは、図を挿入する時のコツを紹介します。

印象深く

申請書において、揃えられるところを揃えると、見た目に統一感が生まれます。統一感があるということは、「そこに意識がいかない」ということです。余計なところに気を取られて文章の内容への集中度が低下することを避けるのが重要です。

印象深く

申請書の第一印象は最初の数秒で決まります。ここでは、見た目を工夫することで印象的な申請書にするためのコツについて説明しています。

印象深く

申請書の大部分は日本語による文章ですので、文章表現を工夫すれば審査員に良い印象を与えることができます。ここでは、どこをどうすれば良い印象の申請書になるかについて説明します。

印象深く

上級者の採択課題をテキストマイニングした結果をもとに、ここでは申請書における研究課題名の付け方について説明しています。

印象深く

申請書においては、意図しない余白は極力減らすようにしましょう。

印象深く

申請書の中でも中盤と終盤をしっかり書くことは、審査員の印象という点で非常に重要です。ここでは、その理由について心理学的な観点から説明しています。