読みやすく

ここでは、申請書を書く上で問題のある言葉づかいを挙げ、その言い換え例を示します。基本は「シンプルにわかりやすく」です。

読みやすく

ここでは、申請書を目立たせるために多用されているフォントの装飾(ゴシック・ボールドなど)の弊害を説明しています。

読みやすく

読みやすい文章の基本は、美しい日本語による作文です。ここでは、修飾語の位置や、読点、漢字かな比など、誰もちゃんと教えてくれなかった日本語の作文技術について説明します。

読みやすく

カッコや句読点など、役物の前後は字間が空いてしまいます。詰めた方が可読性が上がります。

読みやすく

ら抜き言葉の良し悪しは別として、申請書を美しい日本語で書いておいて損はありません。ここでは、ら抜き言葉の簡単な見分け方を説明しています。

読みやすく

日本語の場合、表現するときには常に複数の選択肢があります。ここでは、どのように言葉を選べば良いのかについて、漢字かな比の観点から説明します。

読みやすく

読みやすい文章にはリズムがあり、そうした申請書は高く評価されます。ここでは、文章にリズムを持たせる具体的なヒントを紹介します。

読みやすく

文章をわかりやすくするためには、修飾語の語順は非常に大切です。ここでは、具体例と共に語順について説明しています。

読みやすく

文字間は通常ほとんど設定する必要がありませんが、行末の単語を調整する時に必要になってきます。その重要性について説明しています。

読みやすく

申請書の内容を減らしてでも適切に余白を取ることは、可読性を高め、審査員から高い評価を得やすくなります。余白の重要性について説明しています。