科研費・学振本『できる研究者の科研費・学振申請書』発売中です!半分以上は新しい内容で、具体的なテクニック満載です。申請書のお供にぜひご一冊どうぞ。

【現在までの研究状況】これまでの研究の背景 の書き方

ROBUST Japan

これまでの研究の背景、問題点、解決方策、研究目的、研究方法、特色と独創的な点について当該分野の重要文献を挙げて記述してください。 ② 申請者のこれまでの研究経過及び得られた結果について、問題点を含め①で記載したことと関連づけて説明してください。なお、これまでの研究結果を論文あるいは学会等で発表している場合には、申請者が担当した部分を明らかにして、それらの内容を記述してください。

いきなり本題に入っても読み手はついていけません。まずは研究の背景を簡単に説明しましょう。背景には自分の研究分野および周辺分野を含めた広い背景と自分の研究内容を説明するための狭い背景があります。

砂時計のように、広い背景から説明を始め自然な流れで狭い背景へとつなぎ、その先の自分の研究へとつなげます。

広い背景

広い背景は、想定される読み手のレベルから考えて無理なく理解できるところから始める必要があります。学振は主に大学の先生が審査員ですので、ある程度の前提知識を想定した書き方にしても構いません。たとえば、

XXX病は日本人の死因の第一位であり、患者数はこの20年で約2倍になった。
くらいで良いでしょう。もちろん小学生を対象にした文章であればもっとわかりやすく書かないといけないかもしれませんが、これを申請書でやってしまうと説明がくどくなりすぎてしまいます。
日本人の平均寿命は諸外国と比べても長い。そのため、発展途上国では死因の上位はAAAやBBBであるのに対して、日本を含めた先進国ではXXXやYYYが上位になっている。中でも、CCC疾患やDDD病を含めたXXXは日本人の死因の第一位となっており、XXX病になる患者の数この20年で約2倍になった。これは、AAAの患者数がこの20年でわずか1.1倍にしかなっていなことからも明らかなように有意に高い増加率を示している。

時々、すごく丁寧に背景を説明する申請書も見かけますが、(1)分野外の審査員が知っているところの説明はくどいだけで、マイナスの効果しか生まない。

(2)審査員もしらないような細かいところはどうせ伝わらないし、伝えたところで申請書を審査する上で対して重要ではない。

(3)自分の研究の説明によりスペースを割いた方がアピールになる。

という3つの理由によりやめたほうが良いです。最低限の情報は残しつつ極力シンプルに説明してください。

説明すべき内容は

  • この分野がどういう状況なのかを端的に示す
  • この分野の重要性を端的に示す

の2点です。分野の重要性という時には2パターンあり得ます。もっとも良くあるパターンは

現在重要だと考えられている分野である→だから本研究も潜在的には重要である可能性を有している。
というものであり、みんなが重要だと考えているだからこの分野は重要なんですよ。そこに疑問はないでしょ?というパターンです。これは、わかりやすく説得力がある反面、オリジナリティを出しにくいという特徴があります。
一方で、「この分野のこれまで重要と思われてこなかったが、本研究によって重要性が初めて示される」というパターンもあり得ます。この場合は現時点での重要性は示せませんので、研究が完成した時に想定される重要性を示すことになります。
現在重要だとは考えられていないが、潜在的にはXXXに役立つ分野である or YYYが将来問題となることが懸念されている→実は本研究では、そこに関わるデータを示すんですよ(という伏線)

狭い背景

広い背景を説明したところで、まだ扱う範囲が広すぎて今回の研究内容とは乖離があります。上記例で言えば、「XXX病をなんとかしたいんだな」というのはなんとなく伝わるにしても、どういうアプローチを取るのかについては様々な可能性があるので、わかりません。この部分を狭い背景で説明していきます。

XXX病はAAAがBBBとなることによって生じる。これまでの研究からCCCが関わることは明らかにされていたが、その作用機序は不明のままであった。
XXX病になるとDDDやEEEとなり、通常生活に大きな制約が生じる。これらの一部はFFFで解消されつつあるが、大部分はいまだ解消されないままであり、患者のQOLは低いままであった。

このように、共通の広い背景から、様々な方面へ論を展開できてしまいますので、この狭い部分の背景でしっかりと議論の方向性を定めることが重要です。あれもこれもと書いて、結局何を問題にしたいのかがわからないようになるのは最悪です。

しかし、いずれの場合も狭い背景では、何がわかっていて何がわかっていないかを明確にすることです。これを書いておくことで、読み手はこの「わかっていない部分」を解決したいんだなという風に意識します。逆に言えば、この「わかっていない部分」は実際にやった結果から逆算して書くと良いでしょう。

これまでの研究背景における時制に注意しましょう。読みてはこれまでの研究背景(とくに狭い背景)で指摘される問題の一部についてはこの研究で解決できたと想定して読み進めます。ですので、狭い背景の内容は過去のこととなるため過去形で書かないと辻褄が合いません。すなわち、「その作用機序は不明である」としてしまうと、この研究ではそこを何とかするんじゃないの?と読み手は混乱してしまうので、しっかりと「その作用機序は不明であった」として(あ、そこをこの研究で解決したんだな)と安心させることが重要です。ちなみに、これからの研究の背景はまだ解決していないので、現在形で書きます。
科研費版の研究の背景も参考にどうぞ。
お買い忘れはございませんか?
お買い忘れはございませんか?

上位の「学振・海外学振の書き方」へ戻る

タイトルとURLをコピーしました