文章表現を工夫して印象的に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

申請書の大部分は日本語による文章ですので、文章表現を工夫すれば審査員に良い印象を与えることができます。ここでは、どこをどうすれば良い印象の申請書になるかについて説明します。

 

目次

◆ 研究課題名の付け方

◆ 見出しをつけるときは「3つ」にする

◆ ネガティブをポジティブに

◆ キャッチフレーズの作り方

◆ 知性を感じさせない文章の特徴

◆ 言い切る

 

スポンサーリンク
お買い忘れはございませんか?
  上位の「印象深く」へ戻る