研究の背景・目的

研究の背景・目的を書く欄としては、学振では「現在までの研究状況」、科研費では「研究目的」が該当します。ここでは、自分の研究が、やる価値が有るものであることをアピールします。やる価値のある研究とはどのようなものであるかについては「おもしろく」を見て下さい。

 

以下、もう少し詳しく書き方の具体例やコツを見ていきましょう。

 

目次 

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 自分の成果を含めた研究の背景

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 何が問題として残っているのか

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 問題を解決するためのアイデア

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] アイデアの具体的な根拠や傍証

[wp-svg-icons icon=”file-4″ wrap=”i”] 何をどこまで明らかにするのか

 

上位の「申請書の基本構造」へ戻る

スポンサーリンク

基本構造

Posted by Tommy