サイトリニューアル中につきガチャガチャしてます。ウェブサイトデザイン、記事執筆、添削指導する側に興味ある方はご連絡ください。謝礼をお支払いいたします。

科研費の審査基準

ROBUST Japan

科研費の審査には総合審査と2段階書面審査の二種類があります。基盤B,Cと若手研究は、合議審査を行わず、同一の審査委員が2段階にわたり、書面審査を実施し採否を決定する「2段階書面
審査」で、挑戦的研究(萌芽・開拓)は合議審査を含む総合審査です。

平成29年8月28日独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会決定
改正 令和2年12月14日
基盤研究・若手研究の評価基準
科研費の基盤B,C、若手研究の研究課題の採択決定までの流れ (1)小委員会に属する審査委員が後で説明する評定基準等に基づき研究計画調書を審査する(1段階目の書面審査) (2)算出された「配分枠」を基に、採択研究課題を決定する。 (3)...
挑戦的研究の評価基準
科研費の挑戦的研究の研究課題の採択決定までの流れ (1)審査区分として中区分を適用するほか、審査区分表とは別に、とりわけ学術的要請の高いと思われる領域を「特設審査領域」として必要に応じて時限設定します。 (2)審査委員全員が全ての研...
科研費の採択戦略
採択されるかどうかは、ほぼ1段階目の書面審査で決まる 採択率と評点分布を見ればわかりますが、採択されるためには複数の審査員の平均ベースで、4段階評価のうち上位2つには入っている必要があります。2段階目の審査はボーダーラインにある申請書の線...
タイトルとURLをコピーしました