告知 今年の7月ごろに書籍版の科研費.comが出版される予定です。ほとんどが新しい内容ですので、ぜひご一読いただければと思います。これに伴い、Web版のコンテンツ整理中です。ますますのパワーアップを目指して、あちこちで工事中です。

具体的に書き過ぎない

スポンサーリンク

申請書のコツとして「具体的に書く」というものがあります。

 

「本研究は人類の知の限界を広げる」

「本研究はXXX装置を用いて実験する」

のように、具体性が無いものは読んでいて結局何をするのかがわからないため、良くないといものです。これはその通りなのですが、こういう指摘をすると以下のように書いてくる方がいます。

 

「本研究は、まずAAAを24℃で2時間培養したのち、BBB社のCCCを用いてDDDを計測する。その際にはEEEによる改変FFF法を用いて行う。……」

「本アンケートは項目1「XXXX」、項目2「YYYY]、……項目10「ZZZZ」の前10項目について……」

これらは悪い意味で具体的です。例えば上記において24℃であろうが25℃であろうが審査員にとっては内容を評価する上で大した問題ではありません。分野外なので、24℃であることが妥当かどうかの判断すらできません。アンケートについても10項目だろうが11項目だろうが、申請書の評価においてほとんど影響しないでしょう。

もちろん、明らかな不備は良くありませんが、だからと言って詳しくかけば良いというわけではありません。

 

ポイント

・申請書に書くべきことは、申請書の内容をだいたい理解する上で必須のことに限りましょう。分野外の審査員に完璧に理解してもらうことは不可能です。詳しく説明しようとすればスペースを余計に消費しますし、話が複雑になります。なるべくシンプルに、一番主張したいことをメインに説明することが重要です。実験条件の細かいところと大事な主張を同じような詳しさで書こうとするから、ピントが定まらないぼやっとした申請書になってしまうのです。

・真に具体的に書くべきところは「何をするのか」ではなく「なぜするのか」「何がわかるのか」です。正しい研究対象を正しいゴールに向かって研究している限り、その過程は大した問題ではありません(やや言い過ぎですけどイメージはこんな感じです)。