研究方法・研究内容

これまでに書いてきた研究の背景は、研究計画の内容を理解し評価するために必要な最低限の情報であり、こここそが申請書の核心部です。審査員を説得するためには、何を・どうするかだけでは不十分で、なぜするのか、何をもって成功と定義するのか、うまく行かない場合はどうするのかなど、あらゆる観点から説明し、十分に計画されたものであることを印象づける必要があります。

申請書 上部の注意書き

科研費:
冒頭にその概要を簡潔にまとめて記述し、本文には、(1)本研究の学術的背景、研究課題の核心をなす学術的「問い」、(2)本研究の目的および学術的独自性と創造性、(3)本研究の着想に至った経緯や、関連する国内外の研究動向と本研究の位置づけ、(4)本研究で何をどのように、どこまで明らかにしようとするのか、(5)本研究の目的を達成するための準備状況、について具体的かつ明確に記述すること。

本研究を研究分担者とともに行う場合は、研究代表者、研究分担者の具体的な役割を記述してください(若手には記載なし)。

学振:
特別研究員として取り組む研究計画における研究目的、研究方法、研究内容について記入してください。
どのような計画で、何を、どこまで明らかにしようとするのか、具体的に記入してください。
③ 研究の特色・独創的な点(先行研究等との比較、本研究の完成時に予想されるインパクト、将来の見通し等)にも触れて記入してください。
④ 共同研究の場合には、申請者が担当する部分を明らかにしてください。
⑤ 研究計画の期間中に受入研究機関と異なる研究機関(外国の研究機関等を含む。)において研究に従事することも計画している場合は具体的に記入してください。

書き方の解説

「研究方法・研究内容」の流れ

  1. 研究計画の見出し
  2. 研究背景のリマインド
  3. 何を目的とするのか
  4. 具体的に何をどうするのか
  5. 予備データ
  6. うまく行かない場合の対応
  7. どうなれば研究は成功したと言えるのか
  8. 成功したら、研究目的のどの部分を達成することにつながるのか
研究計画の書き方は流動的であり、3つの研究項目の全てで上記内容を書く必要はありません。特に5以降についてはケースバイケースです。

研究計画の見出し

よほどのこだわりが無いのであれば、研究計画は「確実なもの」「メインのもの」「独立の挑戦のもの」など3つの計画として書くとバランスが良いです(3はマジックナンバー)。(1)年度ごとに項目を分ける場合
一直線の研究ではなく、別の話が並行して進むような場合は、全体の関係がわかるような図を入れても良いでしょう。
(2)研究内容ごとに項目を分かる場合
いつ、それをするのかを示したければ、「初年度は…」のような時期が分かるような言葉を入れるか、末尾にガントチャートを載せるなど、工夫してください。体言止めで終わるような見出しが良いように思います。
本文と見出しは視覚的な区別を容易にするため、本文を明朝体で、見出しを太字のゴシック体にするのが基本です。
  • ○○○が○○○に与える影響の検証
  • ○○○を用いた○○○の開発

研究背景のリマインド

背景はすでに説明していますが、研究計画を理解する上で必要だと考えられるものについては1-2行程度で簡単に背景をリマインドしておきます。
  • ○○○により○○○の機能が失われ、○○○が引き起こされる。本計画では、…
  • ○○○では、○○○のためには○○○をしなければならない。そこで本研究では…
  • 申請者はこれまでに○○○が○○○であることを明らかにしてきた。これをもとに…

何を目的とするのか

研究計画として「穴を掘ります」とだけ書かれても納得できませんし、それは穴の掘り方を詳しく説明されても解消されません。「徳川埋蔵金があると考えられるから、ここに穴を掘ります」ならば納得できるでしょう。研究計画は必ず、何を目的とするのか、なぜそれをやるのか、とセットで書くようにしましょう。
  • ○○○が○○○であることを示すため、…
  • ○○○に関わる○○○を網羅的に同定するため、…

具体的に何をどうするのか

何をどうするかについては書けている人が多い一方で、細かい手順を書きすぎて単なるMethodsになっている例も多く見かけます。分野外の審査員からすれば、ある程度の具体性は必要なものの、細かすぎる手順の是非は判断できませんし、申請書を評価する上ではどうでも良い情報です(反応温度が20℃だろうが21℃だろうがどうでも良い)。あまり詳しくは書かず、ざっくりとどのような方法でするのかを書くようにしてください。
  • ○○○を用いて、○○○ を用いた詳細な観察から○○○障害を解析する。特に、○○○による局在評価から、○○○障害の特徴を明らかにする。
  • ○○○を0から0.1まで変化させて○○○の変化を調べる。また、○○○を変化させることで、○○○が○○○するかを検討する。

予備データ

予備データがあるならここで紹介しましょう。背景で紹介する方法もありますが、背景で紹介してしまうと済んだ話になってしまいます。研究計画で紹介することによって、予備的な結果であるが、こんなデータがすでに出ており、この研究計画の実現可能性は高い、という主張につなげます。ただし、メインはあくまでもこれから何をするか、なのでデータの説明にスペースを使いすぎないこと。
  • 実際、予備的ながら申請者はすでに○○○が○○○であることを見出しており(図3)、…
  • すでに○○○については同定していることから、本研究では、○○○を○○○する。

うまく行かない場合の対応

うまくいく場合だけを想定するのではなく、うまくいかない場合についても想定しておく必要があります。とくにリスクの高い研究や、研究の最初の方で得られると期待される結果をもとに行こうの研究計画が組み立てられている場合は、研究全体の成否に大きく影響しますので、バックアップは必須です。これがないと、「まず、宝くじ売り場で当たりくじだけを買う。その当選金を原資に…」と言っているようなものです。
また、バックアッププランとして書かれている内容が全然バックアップになっていない例も多く見られます。
  • 仮に○○○がうまく行かない場合は、○○○を行う。
  • ○○○が得られない場合でも、すでに得られている○○○で代用可能である。
  • ○○○である場合には、○○○を試すとともに、○○○についても挑戦する。

どうなれば研究は成功したと言えるのか

何をもって研究計画が「成功した」と言えるのか、すなわち、この研究計画のゴールはどこにあるのか、について決定できるのは申請者だけです。「何を目的とするのか」と内容が重複しがちですが、書き分けるようにしてください。これに答えることは「どこまで明らかにしようとするのか」の質問に答えることにつながります。
  • これにより、○○○が○○○であれば、○○○と判断し、○○○する。
  • ○○○では、○○○件について調べていたことから、少なくともそれ以上の十分な数について調査を行う。
  • F値が0.8以上であれば、実用に耐えうると判断し、これを用いて以降の研究を進める。

成功したら、研究目的のどの部分を達成することにつながるのか

大きな研究目的を達成するために課題を分割したものが、各研究項目です。これらの項目が全体の目的のどの部分の解決のためのものなのか、それぞれの研究項目同士の関係はどうなっているのか、などを明確にしてください。必須ではありませんが、研究計画のまとめにつながります。
  • これらの実験を通じて、○○○においても○○○が可能であることを実証する。
  • これまで○○○の研究は○○○と○○○のそれぞれの観点から実施されてきた。これに対して本研究は、申請者が明らかにした○○○を用いることで、○○○と○○○を統合する。
  • これにより、○○○のための基盤となる○○○の構築を行う。

書き方例

1.F. virguliformeのダイズ根組織への侵入様式の特定(研究計画の見出し)
Fvの感染成立後のシグナル伝達経路については理解が進んでいる一方で、感染成立に至る過程はほとんど理解されていない。(研究背景のリマインド)

そこで、Fvのダイズの根への感染プロセスの時系列的な記述するため、GFPで蛍光ラベルしたFvをダイズの根に感染させ蛍光量から感染成立に至るまでの初期過程を明らかにする。(何を目的とするのか)

まず、F. virguliformeの蛍光株の作製する。次に、蛍光顕微鏡を用いてダイズの根における付着器の形成を確認する。さらに、根における時系列RNA-seqにより、感染に伴う遺伝子発現パターンの変遷を明らかにする。(具体的に何をどうするのか)

申請者はすでに、いくつかの機能的な蛍光株の作出に成功しており、速やかに実験を開始することが可能である。(予備データ)

2.葉面SDS症状を誘発するFvTox1およびFvNIS1と相互作用するタンパク質の同定(研究計画の見出し)
Fvの感染成立後のシグナル伝達経路については理解が進んでいる一方で、感染成立に至る過程はほとんど理解されていない。(研究背景のリマインド)

そこで、FvTox1およびFvNIS1と相互作用するタンパク質のうち葉面SDS症状の誘発に関わる因子の同定するため、FvTox1およびFvNIS1を根で特異的に発現させそこから抽出したタンパク質を解析する。(何を目的とするのか)

具体的には、まず、fvtox1およびfvnis1変異体の病原性の低い表現型を確認し、次に、FvTox1とFvNIS1に蛍光マーカーを付加する。さらに、共免疫沈降法とLC-MS、酵母ツーハイブリッド法を行うことで、相互作用する可能性のあるタンパク質を同定する(図2)。(具体的に何をどうするのか)

仮に本研究がうまくいかない場合は、アルファスクリーンなど別の方法を試すとともに、すでに結合することが示されている因子に対象を絞って以降の解析を行う。(うまく行かない場合の対応)

タイトルとURLをコピーしました