5/4 リンク追加、更新しました。新しいサイト等ありましたらご連絡いただけると幸いです。

申請書にはストーリーが必要だ

ROBUST Japan

なぜ申請書はストーリーを必要としているのか

まず、これらの話には種本があります。慶応大学出版『なぜ科学はストーリーを必要としているのか』です。筆者はハーバード大を卒業後、アメリカでテニュア教授となってから、それを捨てて、ハリウッドへ入った変わった経歴の持ち主です。別でおすすめしている『イシューからはじめよ』もコンサル→博士号→コンサルという変わった経歴を持っています。やはり、科学者を経験している人が外から見ると色々と見えてくるのでしょうね。

 

さて、『科学にはストーリーが必要だ』というタイトルだけ読むと、そんなの知っているよ、という反応が返ってくるかもしれませんが、この本は、かなり本質的な部分を突いており申請書作成にも使える内容満載です。すごくオススメですので、機会があれば読んでみてください。

申請書にはストーリーが必要だ

あなたの好きな映画やドラマを思い浮かべてください。映画なら2時間程度、ドラマなら1時間程度の間なら、あなたは夢中で見続けられるでしょう。一方で退屈なプレゼン、退屈な申請書は10分もすれば眠くなってしまうと思います。この違いはどこにあるのでしょうか?映画やドラマも見るまで内容はわからないので、内容に対する事前の興味の差ではなさそうです。

これらの違いを生み出している決定的な要因こそが「ストーリー(物語)」です。 興味を引くような展開や見せ方、すなわち興味深いストーリーであれば観客の興味を引きますし、何が言いたいのかわからないものであれば、すぐに飽きてしまい集中力は続きません。

 

研究者は自分が見たまま、考えたままのことをなるべく脚色なくありのまま伝えたいと思っています。そこに勝手に手を加えることは捏造や誇張につながって科学的には正しくないことだからです。しかし、そんなことは本当に可能でしょうか?

えーと、まず今やっていることを終わらせないといけないな… あ、以前から温めていたあっちの話ともつながりそうだな。でも、そのためにはコレとコレをしないとな。あーでもコレをするためにはアレも必要か。えと、何を示せば良いんだっっけ。あ、そうかそうか、…

こんな申請書はあり得ないと思うかもしれませんが、実際にこれに近い感じの申請書を書いてくる方はいます。以下はかなり実際の例に近いものです。

本研究では、XXXを行う。なぜそれを行うのだろうか?それは、XXXがYYYだからである。ちなみに、YYYというのはZZZのことである。

 

私は海外ドラマを見ないので、知ったかぶりで書きますが、「24」というドラマでは主人公の動きが24時間リアルタイムで映され、リアリティがあることで人気だと認識しています。これを理想と考える科学者は多いのではないでしょうか?面白おかしいところだけ切り取るのではなく、ありのままを示すことが客観的で正しい態度だ。と。

しかし、主人公がトイレに行くシーン、意味もなく靴紐を結び直すシーンは放映されているでしょうか?おそらくされていないと思います。なぜなら、このドラマを面白くする上で、また、一番伝えたいメッセージを伝える上で、これらの描写は意味が無いばかりでなく、むしろメッセージを伝えるのに邪魔になるからです。

 

申請書を書く際にも同じことが言えます。申請書で書かれる文章は全て、計画の妥当性・正当性・新規性を導くために存在し、全く関係のない文章は貴重なスペースを消費するだけでなく、申請者の主張をボヤケたものにします。

 

AAAとDHYとABT

コーヒーを飲んだ。そして、寒い朝だ。そして、公園には人が歩いている。そして、あちらでは体操をしている人がいる。そして、今日は大切な日だ。…

「そして(And)」が延々とつづく形で文が構成されています。これは事実をありのまま列挙するという意味では全く問題ありません。しかし、そこには「ストーリー」がなく退屈です。

 

この分野では少なからぬ研究がなされてきました。それにもかかわらず、多くのことは未だ、それでも、こうした努力は無駄では無かったと言えます。しかしながら、その過程は必ずしも正しかったとは言い切れず、驚くべきほどの犠牲が払われてきました。

「それにもかかわらず(Despite)、しかしながら(However)、それでも(Yet)」と話題の急転換を繰り返して読者を振り落とすと共に、大仰な表現など過剰なまでにドラマティックな「ストーリー」は情報量が多すぎで混乱を招きます。

 

申請書に必要なものは、物語性を全て排除した記述でもなく、過度に物語的な記述でもありません。適切に物語的があり、話題の自然な展開です。そこで活躍するのがABTです。

「そして(And)、しかし(But)、だから(Then)」の順で文章を展開すると極めて自然な流れになります。

お金は人類の歴史を語る上で欠かせない存在です。そして、お金の移動を記録するための道具として簿記が発明されました。しかし、簿記の発明は文字よりも先であり、文字発明以前の簿記法についてはよくわかっていません。だから、本研究では文字発明以前の簿記法について調べようと思います。

内容はともかく、ストーリーがはっきりとしているのがわかるかと思います。このABTテンプレートは極めて有用であり、多くの物語で採用されています。

あるところに桃太郎がおりました。そして、桃太郎は立派な青年に成長しました。しかし、鬼が村を荒らしまわるようになりました。だから、家来をつれて鬼退治にでかけました。

冴えない少年のび太がいました。そして、今日も遊びほうけています。しかし、宿題の期限は明日までということに気づきました。だから、ドラえもんに秘密道具を出してもらい、助けてもらいました。

 

では、申請書においてこうした物語(申請書の核となるもの)はどのように見つけたらよいのでしょう。簡単なテンプレートとして、この本ではドブジャンスキー・テンプレートを紹介しています。

私は(  )について研究します。なぜなら、(  )においては、何事も、(   )の観点から見なければ意味をなさないからです。

あなたが扱っているテーマについて考えてみればすぐに例文を思いつくことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました