サイトリニューアル中につきガチャガチャしてます。ウェブサイトデザイン、記事執筆、添削指導する側に興味ある方はご連絡ください。謝礼をお支払いいたします。

申請書の添削サービス

ROBUST Japan

私は生物科学の限られた分野の専門ですので、多くの方々の専門分野についての知識はありません。また、科研費.comでは、なるべく一般化できることについて紹介しているつもりですが、私がうまく行ったやり方が他の方でもうまく行くとは限りません。その意味で、申請書の添削は、研究の背景や言葉にできないちょっとした機微にも通じている人、すなわち同じ研究室の同僚や上司がふさわしいと思います。

こうした理由により、私個人としては申請書の添削サービスがどれほど効果あるのかについては疑わしいと思っています。一方で添削を希望する方もいらっしゃるようですので、こうしたことを理解した上で、なお、1%でも採択される可能性を上げたいという方につきましては添削サービスを行いたいと思いますので、ご連絡ください。

お申し込みの流れ

1.事前問い合わせ

まずは、添削指導の可否についてメール(kakenhi.com[at]gmail.com)にて問い合わせてください。その際に、どのプランを希望するのかを併せてお知らせ下さい。申請書締切の直前や私自身が忙しい場合は、お断りすることもありますので、必ず事前にメールにて問い合わせをお願い致します。

必須の情報は以下の4つ+αです。

【申請書情報】科研費、学振、民間財団 etc
【申し込みプラン】パックプラン、ベーシックプラン
【支払い方法】PayPay、Booth、Amazonギフト券
【その他】申請書締切り日、Mac/Windows
(【特急添削】24時間保証、48時間保証)

ごく稀にメールが迷惑メールに分類されてしまい、気づくのが遅くなる場合があります。数日待っても返事がない場合は、Amazonギフト券15円分(最低額)を上記メールアドレスにお送りいただき、メッセージにて申し込みの旨をお知らせください。15円分については割り引くか、同額のギフト券での返金で対応させていただきます。

2.支払い方法の選択

PayPayBoothAmazonギフト券から、お好みの方法でお選びください。

学生パックプラン 18,000円 (添削回数無制限、 Ph.D未取得者)
学生ベーシックプラン 3,000円 (1回添削、添削内容への質問は無料、 Ph.D未取得者)
パックプラン 1,9000円 (添削回数無制限)
ベーシックプラン 3,500円 (1回添削、添削内容への質問は無料)
特急添削 2,000円 (24時間保証、間に合わない場合は添削代金を半額に)
特急添削 1,000円 (48時間保証、間に合わない場合は添削代金を半額に)
*上記料金は科研費・学振の添削に適用されます。その他の文章の添削については、
学振・科研費より分量が少ない・同程度 → 同料金でお引き受けいたします。
学振・科研費より分量が多い(博士論文、AMED、さきがけetc)→ 相談してください。
学振・科研費より分量が著しく少ない → お値引きいたしますので、相談してください。

いずれの場合も、確認がとれ次第お支払い完了となります。送金時にメッセージを残していただければ、送金者と原稿の対応がつきやすくなりますので、確認作業がしやすくなります。

ベーシックプランを利用される場合でも、途中からパックプランに切り替えることが可能です(最大支払額はパックプランの金額まで)。締め切り日までが短い場合はご活用ください。ただし、ベーシックプランの場合は基本的に一回完結を前提に添削いたしますので、構造から組み替えるような大幅な内容変更は行わず、日本語表現や体裁を直すことがメインになります。

3.原稿の送付および代金の支払い

完成原稿をWord(校閲機能を利用して添削します)でKakenhi.com[at]gmail.com宛に送ってください。イラストレーターやLaTeXで作成した場合でも、Word版があると添削がしやすく助かります。また、原稿の締め切り日についても教えていただけると助かります。なお、私はWindows10で作業しておりますので、Macで作成した場合や特殊フォントを含む場合pdfも併せて送ってください(見え方をチェックします)。

原稿提出時に、合わせて添削料金をお支払いください。前払い制となっております。

4.添削

原稿を受け取ってから2-3日以内の返送を目標に添削いたしますが、保証はできません。とくに直前は混み合いますので、ご了承ください。時間保証をつけたい場合は、オプションサービスをご利用ください。また、いつまでたっても返信が無い場合は、お手数ですがメールにてご連絡ください。見落としている可能性が高いです。

5.その他

領収書の発行は基本的には受け付けておりません。どうしてもという場合は、このような物でよろしければ発行は可能です。このような領収書ですが、研究費からの支払いが認められている機関もあるようです。研究費等でお支払いを検討される方は、事前によく確認なさってください。

◆ 添削プラン・料金

◆ 過去の添削実績

◆ 添削サービスを受けた方からのコメント

タイトルとURLをコピーしました