サイトリニューアル中につきガチャガチャしてます。ウェブサイトデザイン、記事執筆、添削指導する側に興味ある方はご連絡ください。謝礼をお支払いいたします。

#科研費のコツ2 理解してもらう上で必須の情報は何かを考える

ROBUST Japan

分野外の審査員に多すぎる情報を渡すと、本当に重要なことを見失わせる可能性があり、逆効果です。

Before

本研究では、ドイツXYZ社製のXXX装置を用いて、30℃で2時間反応を行い、XXXを作製しこれを用いてXXXの解析を行う。
  • 会社名、装置名、反応温度や時間などは、本研究計画を理解する上では重要な情報ではない。
  • 分野外の審査員からすれば、「30℃!素晴らしい!採用!」あるいは「2時間とはけしからん1時間59分であるべきだ。不採用!」とはならず、「専門家である申請者は適切な方法で解析するんでしょう」という程度の理解であり、詳しく書くことがプラスに働いていない。
  • 書いても書かなくても良いのであれば、あえて省略することで全体をすっきりさせ、他に書くべきことに紙面を利用する方が良い

→こうした理由から、「何を」「どうする」について詳しく書いても研究計画の理解にはつながらない。

After

本研究では、XXXにおけるXXXの関与を明らかにするため、XXXによりXXXを解析する。これにより、XXXがXXXするXXXを網羅的に調べ、そこからXXXがXXXであることを確認する。仮に、XXXが予想通りに行かない場合は、精度はやや劣るもののすでに十分な実績のあるXXXを用いる。
  • 専門家ではない審査員にとって、「何を」「どうする」は評価しづらい一方で、「なぜそれをしなければならないのか」「その解析結果はどのような意味を持ちうるのか」「そこで明らかになることは研究目的のどの部分をどのように解決することにつながるのか」については評価可能である。
  • 特に、研究のゴール(何が明らかになればこの研究は成功だと考えるのか)をどこに設定するかは申請者自身です。審査員が評価できるのは、そのゴール設定が適切か(ショボすぎないか、過大すぎないか)やそこに至るまでの道筋は適切か(ハイリスクすぎないか、プラインBはあるか、研究実績(研究遂行能力)は十分か)
  • 審査員の理解を助けるために必要な情報は何か、どうすれば評価されやすいか(審査員は評価できるポイントを探している)について適切な情報のみを与える、という姿勢が重要。

→どんなにすごい研究内容であっても、その研究の意義が審査員に伝わらなければ意味がありません。知識をひけらかす場でもなければ、論文のように材料・方法について説明する場でもなく、研究の背景やモチベーション、結果が持ちうる意味や意義をわかりやすく丁寧に書いてください。

 

人は穴の掘り方を丁寧に説明されるだけでは不十分であり、穴を掘ることの重要性・意義について説明されないと動けない。

このXXX社製の最新の機械を使うと一秒間に100Lの土砂が掘り出せ、効率的に穴が掘れます。
→特に穴を掘る気にはならない
申請者の実家から見つかった徳川古文書によれば、ここに隠し倉があった可能性が高い。そこで、最新の機械を用いて効率的に徳川埋蔵金を掘り当てます。これにより徳川家の謎が一気に解決できます。
→すぐにでも穴を掘りたい
タイトルとURLをコピーしました