サイトリニューアル中につきガチャガチャしてます。ウェブサイトデザイン、記事執筆、添削指導する側に興味ある方はご連絡ください。謝礼をお支払いいたします。

#科研費のコツ6 申請書の研究目的には「本研究の目的」以下を書く

ROBUST Japan

基本的な考え方

  • 研究はすぐに完成しない
  • ここで書くのは科研費(学振)の研究目的

申請書に書く研究目的は、より大きな研究目的の一部分です。中には提案する研究計画で、研究目的の一から十までの全てを明らかにするタイプの申請書もあるでしょうが、多くの場合は該当しません。

ですので、本研究における目的として「XXXの治療薬の確立」「人類の幸福」「食糧問題の解決」のようにあまり大きなことを書いてはいけません。それらは究極の目的であり、そこを目指して研究を行うのだけれども、本研究計画だけでそこまでは到達できません。実際の目的はもう少し現実的なサイズであるはずです。

どこに何を書くか

広い背景 人類としての目的を示し、研究の重要性を示す。

狭い背景 申請者の長期的な目的を示し、申請者の立ち位置を明確にする。

研究目的 狭い背景で示した長期的な目的を分割し、その一部分を解決することを目的とする。

研究計画 本研究の目的を達成するために、3つくらいの小目的にさらに分割する。これは、研究計画の見出しに該当する。

このように、一口に目的といっても、その達成にかける時間の長さや問題の大きさに応じて様々なレベルがあります。もちろん、それらの目的は全てつながっており、最終的にはひとつの究極の目的にいきつくのですが。

繰り返しになりますが、申請書単位の小さな研究においてい大きな問題を全て解決することは不可能であり、そこから一部の問題を選びひとつずつ解決することになります。ですので、なぜその部分を解決する必要があるのかを明確にしないと読んでいる側はついていけません。

地球温暖化を防ぐことは重要である。そこで本研究は地球温暖化を防ぐことを目的とする。
地球温暖化を防ぐことは重要である。そこで本研究は地球温暖化への寄与率が高い食力廃棄問題の解消を目指し効率的なサプライチェーンの構築方法を検討する(まだ問題の規模が大きすぎますが)。
タイトルとURLをコピーしました