サイトリニューアル中につきガチャガチャしてます。ウェブサイトデザイン、記事執筆、添削指導する側に興味ある方はご連絡ください。謝礼をお支払いいたします。

#科研費のコツ11 申請書にはストーリーが必要だ

ROBUST Japan

申請書は「物語」である

申請書はひとつの「物語」です。特に冒険小説のようにハラハラ・ドキドキを提供できる申請書なら最高です。

こうした物語は大抵このようなストーリーになっています。

  1. ここは剣と魔法の世界(これから何の話をするのか)
  2. 主人公は普通に暮らしていたが(現状の説明)
  3. 魔物の大量発生により苦しんでいた(何かの問題を抱えており、いろいろと困っている)
  4. 魔物は火口から湧いてくるので、そこに行き凍らせれば解決できると考えた(解決のアイデアと根拠)
  5. しかし、道中には強い魔物がいる(実現するためには困難が待ち受けている)
  6. 3匹の強い魔物をやっつけて、火口を凍らせる(具体的な目的)

みたいな構成になっています。これは申請書の展開そのままであり

  1. 人生の大半を占める睡眠は大切である(これから何の話をするのか)
  2. 睡眠は記憶の定着に関わっていることが明らかになっている(現状の説明)
  3. しかし、その分子メカニズムは不明であり、記憶の定着方法の全容は不明である(何かの問題を抱えており、いろいろと困っている)
  4. 認知症研究では同様の方法がうまく言っているので、同様に神経ネットワーク構造と記憶率を対応付ければ理解できると考えた(解決のアイデアと根拠)
  5. しかし、従来方法では時空間解像度は不十分であった(実現するためには困難が待ち受けている)
  6. 新しいイメージング手法を確立し、神経ネットワークをこれまでより高解像度で解析する(具体的な目的)

おもしろい映画は2時間も集中して見ることができるのに、学会発表はたった20分で眠くなる。ストーリーがあるかないかは見る側にとっては大きな要素であり、ストーリーがあれば人はついてきます。

なぜ申請書はストーリーを必要としているのか

テニュア教授を辞してハリウッドに転向した著者、科学におけるストーリーの重要性を説明しています。もちろん申請書についても当てはまります。

申請書にはストーリーが必要だ
なぜ申請書はストーリーを必要としているのか まず、これらの話には種本があります。ランディ・オルソン (著), 坪子理美 (翻訳)『なぜ科学はストーリーを必要としているのか』です。筆者はハーバード大を卒業後、アメリカでテニュア教授となってか...
タイトルとURLをコピーしました