具体例

1.研究目的、研究方法などで書いた(1)~(3)の内容を10行程度でまとめます。全ての内容を10行に収める必要があることから、一番最後に書いた方が内容が整理されていることと思います。審査員がまず目を通すところですので、しっかり書かないといけ ...

具体例

何をどうするかについての具体的な研究計画を説明するための項目です。研究内容はここでしか書くところが無いので、しっかり書かないと審査員に理解してもらえません。

 

指定されている内容

本研究計画調書は「小 ...

具体例

指摘した問題のうち、本研究ではどの部分を明らかにするのか、またその時の強みや有用性は何かについて説明するための項目です。

 

指定されている内容

本研究計画調書は「小区分」の審査区分で審査されます。記述 ...

具体例

申請書が分からないという場合、そのほとんどは、「なぜ申請者がその問題を扱いたいのかがわからない」というものです。そうした問題意識や背景を説明するための項目です。

 

申請書記載事項

本研究計画調書は「小 ...

未分類, おもしろく

研究の種類はしばしば仮説駆動型(hypothesis driven)とデータ駆動型(data driven)にわけられることがあります。一般に、仮説駆動型とは「ある仮説を事前に設定し、その仮説検証を行うことで実験を進める手法」であり、 ...

書く前に

エフォートは申請時に提出した数字から下げることができます。どういった場合にエフォートを変更することができるのかについて説明します。

書く前に

エフォートは基本的にはすぐに足りなくなるのでセーブしておきたいのですが、申請する額に対して少なすぎることで「熱意」が疑われても困ります。

必要なエフォートの目安とは、いったいどれくらいなのでしょうか?

&nbs ...

書く前に

科研費の申請にはエフォートを書かねばなりません。ここではエフォートとは何か、また、エフォート管理の基本的な考え方を紹介します。

見直す

見直すと言っても何をチェックすれば良いのかわからないという方のためにチェックリストを設けました。あくまでも一例です。

 

よくある、申請書で書くべき内容に沿っているかをチェックするためのチェックリスト ...

見直す

文章を書き上げたあとも、校閲することによって細かなミスを潰していくことはとても重要です。誤字脱字を含め、見直しをしていれば失くせるようなミスが頻発すると、申請書の本気度を疑われてしまいます。

 

目次

 申請書を ...